借金したい。借金するには。キャッシング・カードローンなど即日融資でお金借りるなら良い借入先で

借金するには?安心して借金するために

ローンを組んだり、クレジットカードで買い物したりすることはありますが、現金をキャッシングやカードローンで借金したことがないという方は意外と多いですよね。
ローンもクレジットカードでの買い物も、現金を借りるのも全て借金なので同じなのですが、借金と聞くと現金を借りるイメージが強くて抵抗がある人も多いのではないでしょうか。でも実際、どれも同じ借金になるので深く考える必要はありません。クレジットカードでもキャッシングなどで現金を借りることができますので、同じことなんです。
ただし、現金を借りる場合、クレジットカードなどの信販会社とは違い、消費者金融や街金といった金融業が主となってきます。
そういった時に、安心して借金をするためには、安全なキャッシングやカードローンを選択する必要があります。

 

キャッシングやカードローンで借金をしたことがないという人に限って、聞いたことのないようなキャッシングやカードローンで借金をする人が多く、後々怖い思いをしたりすることがあります。そこで、これから借金をしたいと思っている方が安心して借金できるよう、信頼できるキャッシングやカードローンをご紹介。
また、どういったところで借金するのが安心・安全かというポイントについてもご説明いたします。

 

安心・安全な借金のためのキャッシングサービス

アコム

借金したい。借金するには。キャッシング・カードローンなど即日融資でお金借りるなら良い借入先で#3

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.7%〜18.0% 平日9:00〜21:00 30日間金利0円サービス

パート・アルバイトでもOK!
※20歳以上の安定的な収入がある方

アコムは申込みから契約までインターネットで手続き完了することができます。店頭窓口や自動契約機来店して手続きする場合でも、事前にインターネットで申し込んでおけば、来店時の手続き時間が短縮可能。

【特徴】
・3秒結果表示
(3秒診断は、借入をご検討される際の目安であり、実際のお借入時の審査結果と異なる場合があります。)
・はじめてでも来店不要
・スマートフォンの無料アプリがあるので収入証明の送付などが便利!

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス!

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能(※対象金融機関は200行以上あります。)! 店舗に行かれない方も気軽に利用することができます。

【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

即日発行可能なキャッシング(カードローン)付きクレジットカードならこれ!

ほとんどのクレジットカードには、お金を借りるキャッシング機能が付いています。コンビニのATMなどですぐに借りれて、返済も柔軟にできます。クレジットカードの中には、即日発行が可能なものや、クレジットカードの発行で数千円分のポイントがつくものもあります!

 

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 最短、即日クレジットカード受け取りが可能。パート、アルバイトでもカード発行可能!

 

【特徴】
・最短、即日で(その日のうちに)クレジットカードを受け取りが可能。
・国際ブランドのMasterCardのクレジット機能が付いて、年会費無料
・インターネット上で、カード発行可能か3秒で診断でき、24時間申し込みできます。
・一定の収入があれば、アルバイトやパート、派遣・主婦の方でも申し込み可能です。
・利用明細の自宅郵送を無しにできる。家族等に利用を知られることもありません。(利用明細は店頭窓口、ATMで受取りやホームページ確認が選択できます)

 

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

 

楽天カードはクレジット機能とキャッシングの両方使える万能カード!しかも約1週間でカードが届いてスピーディ!
インターネットでのお買い物をすることが多い方には特にお勧めです。
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まってお得!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

 

 

 

借金する時に気をつけるポイントは?

ポイントは3つ。安心安全な借金のためにしっかり抑えておいてください。

CMや広告で名前を聞いたことがあるかどうか

まずは、聞いたことのあるキャッシングやカードローンを必ず選んでください。
「近いから」「人目につかないから」などの理由で知らないところで借金するのは最も危険です。
最近は厳しくなりましたが、まだまだ「ヤミ金」と呼ばれるキャッシングやカードローンはたくさんあります。
最低でも広告、CMなどで聞いたことがある消費者金融から借りるようにしてください。

 

まず、金利の安いところを選ぶ

金利が最も安いのは銀行です。まずは銀行で借金することを考えてください。
銀行カードローンやキャッシングなら安心・安全です。ただし、今日中に借金したい、などに対応している銀行カードローンを探すとなると非常に難しいので、時間に余裕がない場合は消費者金融を検討してみましょう。

 

無利息キャンペーンを利用する

金利が安い銀行カードローンはどうしても時間がかかるので、今日中に借金をするために消費者金融で契約をしたとします。
その場合、無利息キャンペーンのある消費者金融で借金をすると、最初の1か月間などの決められた期間であれば利息が0円で借りることができます。
借金をする時一番気にしなければ行けないのは、金利です。少しでも安い方が良いので、無利息キャンペーンは大いに利用しましょう。

 

クレジットカードのキャッシングは高金利

クレジットカードのキャッシングは現金を借りる時でもクレジットカードを使って借金するため、イメージもよく簡単に申し込みもできるのでつい使ってしまいがち。しかし実は消費者金融と同じくらいの高金利でお得なキャンペーンなどもないため、非常にもったいないです。
借金の悪いイメージがないため借りやすいのは借りやすいんですが、クレジットカードのキャッシングを利用するくらいなら、消費者金融で借金した方がお得に借りられると言っても過言ではないくらいなので、できれば利用は控えるようにしましょう。

 

借金するために必要な書類は?

借金をするためには、どこで借りるにしても審査を受ける必要があります。
審査というのは、あなたの過去・現在の借金の状況や、収入についてなどを調べて、借金できるかどうかをチェックするために必ず行われます。
審査のない会社は、闇金や違法な金融業者なので、絶対に借りないようにしてください。

 

では、借金をする時に必要な書類はこちらです。
・免許証(現住所記載のもの)などの身分証明書
・収入証明(源泉徴収票・確定申告書・給与明細のいずれか)
現住所の記載が免許証と違う場合、以下の書類を用意することで、本人確認書類として認められる場合があります。

・国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書または請求書
・公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

消費者金融の場合、50万円以下の場合は収入証明が不要ななことが多いので、身分証明書のみでOKだと思います。
ただし、免許証の住所が現住所と違う場合はややこしくなりますので、住所変更は必ず行っておきましょう。

 

借金をするための条件

クレジットカードやローンを組んだことがある人は想像がつくと思いますが、お金を借りる、つまり借金をするためにはそれなりの条件があります。
借金ができる人、できない人というのが存在するということです。
この基準は、銀行のカードローンやキャッシングと、消費者金融などの金融業者では少し違います。
銀行は金融業者ではありませんので、金融業者に適用される法律とは違う法律でお金を借しています。
それぞれの基準について、詳しく説明します。

消費者金融で借金をする場合

消費者金融は金融業になりますので、総量規制という法律のもとお金を借りることになります。
総量規制とは、借金をしすぎて多重債務となってしまい、返済できなくなってしまうといったことにならないように定められた法律。
そのため、一人の人が借りることができる金額が限られています。
借金は、基本的に収入の3分の1を超えると返済が難しいと言われています。
毎月の返済額が、毎月の収入の3分の1を超えた場合、返済するのが大変で苦痛になってくるということです。
そこで、総量規制というのは、年収の3分の1以上を借りることができないという法律。
年収の3分の1は、今現在ローンやキャッシング、クレジットカードでの買い物などの全ての借金の総額が3分の1を超えていないかどうかということ。
超えている場合は、借金をすることはできません。
それと同様に、自身に収入が一切ない専業主婦ももちろん借金することはできません。

銀行で借金する場合

銀行は、銀行法という法律に則ってお金を貸しています。
そのため、総量規制のような法律が適用されませんので、自身に収入のない専業主婦でも借金できる場合もありますし、年収の3分1以上でもお金を借りることができます。
例えば年収以上の買い物をする場合はローンを組まずに購入することはできません。
そんな時、年収の3分の1以上の借金ができなかったら、家などは一生買えないことになってしまいますよね。
そのような場合に銀行は借金をすることができますが、審査はそれなりに厳しいものとなります。

 

借金する時のまとめ

借金をする時には、人それぞれ色々な理由があると思います。
急いでいればいるほど、冷静に安全なキャッシング・カードローンで借金をするようにしなければなりません。
借金をするということは、返済をするということ。返済計画をしっかり立てれば、実際はどこでキャッシングをしても怖いこともイメージが悪いことも一切ないんです。
イメージなどに踊らされず、冷静にどこで借金するのが一番安心で安全なのか、低金利で借りられるのかを見極めて、一番おトクな方法で借金するようにしてくださいね。

更新履歴